検索エンジンの種類

検索エンジンには大きく分けて2種類のエンジンがあります。

Yahoo、DMOM等のディレクトリ型検索エンジン
Google、msn等のロボット型検索エンジン
です。

Yahooは、ロボット型検索エンジンものっていますが、区分としてはこんな感じです。 


①ディレクトリ型検索エンジン
ホームページの種類を「カテゴリ」に分類し、それぞれのカテゴリにあったホームページを手動で登録する検索エンジンです。
たいていは登録申請があるとそのホームページを人が見て審査します。
そしてそのホームページの内容をチェックし、良ければ登録することになります。
説明文は検索エンジンのサイトが最終決定する場合がほとんどです。
そのための案を提出することができます。
検索対象は、ホームページの名称、ホームページのアドレス、説明文です。
ディレクトリ型検索エンジンはSEOの対象外ですといいたいところですが、
Yahooのロボット型検索エンジン進出によって状況は変わってきています。

②ロボット型検索エンジン
登録申請があったホームページを「クローラ」や「スパイダー」等と呼ばれるロボットが自動で巡回し、そのホームページにあるリンクも巡回対象とします。
巡回して取得したデータ全てが検索対象となります(最近は全部でなくなりつつある後述参照)。
基本的には、ロボット型検索エンジンがSEOの対象です。
[PR]
by pagerankup | 2006-09-18 22:10
<< H1タグのSEO対策 TITLEのSEO対策 >>